白髪の場所と原因の関連性

ホーム » 原因 » 白髪の場所と原因の関連性

白髪の場所と原因の関連性

スポンサードリンク

白髪でお悩みの方は世の中に多くいらっしゃると思います。

なぜこの場所にだけ白髪が集中するのか原因が分からない、白髪の生える場所には何らかの意味があるのだろうか、など白髪が生える原因も気になりますが、白髪の生えてきた場所に関しても何か原因があったり、意味などがあるものなのでしょうか。

白髪が生える原因のひとつに頭皮周辺の健康状態が挙げられますが、栄養不足血流量の低下などで頭皮の細胞の働きが弱体化すると色素を供給する働きにも影響がおよんでしまうといったものが挙げられます。

白髪の場所と原因の関連性 | 白髪が生える一般的な原因

栄養不足や血流量の低下で症状が発生するのであれば、何となく全体的に白髪がちらほらと生えてきた方が自然なのではないかと感じてしまうので私だけでしょうか。

細胞の弱体化の観点からいくと、以下の要因が挙げられてくるのではないでしょうか。

細胞の弱体化の要因
  • 栄養不足
  • 血流量の低下
  • 皮膚への外部からのダメージ

外部からのダメージとは日常生活の中でいうところの、頭の特定の場所をポリポリ掻いてしまうアレもダメージのひとつとして挙げられますし、シャンプーの時に頭を洗ってる手の強さ次第では皮膚にダメージが加わっている可能性が考えられます。

白髪の場所と原因の関連性 | かゆい頭皮を掻く掻き方も原因に

身体は日々分泌される成長ホルモンの働きがけで、掻きキズに対しても治癒させていくメカニズムがありますが、本来は成長期にはたっぷり分泌されるホルモンで、20代後半くらいから徐々に分泌量が減ってきてしまいます。

やはり成長ホルモンの分泌量が減ってしまうと、掻きキズの治りやお肌の新陳代謝の速さに個人差はありますが影響が出てくるそうです。

日常生活の中でつい困ってしまって頭の特定の場所を掻いてしまう、シャンプーの時に無自覚で利き腕に力が入ってしまっているなどは、知らず知らずのうちに頭の特定の場所の頭皮にダメージを与えてしまっているということにお気づきください。

その他にも毛髪に塗る整髪料の類なども頭皮に接触すると刺激になり炎症を引き起こすものもあるようですが、これも外部からのダメージとしてカウントされます。

頭皮の一部の場所に集中的にダメージが蓄積されていき、その回復が追いつかない場合には毛髪生成や色素供給に関連する細胞の働きが鈍ってしまうケースとして考えられるのではないでしょうか。

若ければ成長ホルモンの豊富な分泌量である程度気にしなくても自然と回復、修復されていくのでしょうが、分泌量の低下に合わせてダメージケアを意識していく必要性があります。

新陳代謝は成長ホルモンだけで成り立っているわけではありませんので、栄養が不足している場合に代謝のメカニズムが機能しなかったり、血流量の低下で栄養そのものが届かなかったりする可能性と合わせて意識された方がより対策できると思います。

白髪の場所と原因の関連性 | 皮膚疾患の白斑に注意

また皮膚疾患に白斑という症状があり、毛髪に色素を供給する色素細胞の損失を不規則に引き起こす症状で発生場所が頭皮であった場合、部分白髪の原因となる可能性も考えられます。

この白斑の原因はまだ解明されていない部分も多いそうですが、メラニン色素を生成するメラノサイトの消失、あるいは機能停止している状態といわれているそうです。

この白斑は時期が早いと自己判断で若白髪と取り違えてしまったりすることもあるそうですが、徐々に症状が全身へと広がっていく症状もあるため、生活習慣の改善というよりは、早めの専門的な治療が必要となります。

もし頭皮の状態に白斑の不安を感じてしまっている方におきましては。まずは皮膚科の専門医への受診をオススメします。

白髪の場所と原因の関連性 | 外部ダメージの主な原因

白斑などの皮膚疾患でなかった場合には、上記で挙げたような外部ダメージに心当たりがないか確認してみましょう。

外部ダメージ(特定の場所)による白髪の原因
  • 困ったり、イライラすると、ついつい決まった場所を掻いてしまう
  • 肌にぢ激の強い整髪料やシャンプーなどを使用している
  • シャンプーの際に手の力を強めにして洗っていないか
その他の要因

白髪につながる原因はいろいろと挙げられますが、どれも絶対的なひとつが原因というよりはそれぞれが複合的な要因であるのではないかと考えられます。

イライラしてストレスを溜めていくと、自律神経のバランスが崩れえたり、頭部の血流量の低下を来たす症状が発生する可能性があります。

イライラするストレスの発散方法が見つからずに無自覚で自分の頭の特定の場所を掻いてしまう。

身体は掻かれて損傷する細胞の回復に栄養やビタミン、そして血圧の循環などでダメージの回復を図ろうとします。

しかし代謝に必要な条件が揃わないと細胞も弱ったままで、十分な働きをすることができません。

さらにその場所を掻いてしまうと、弱った細胞は損傷から立ち直れずにやがて死滅してしまう結果にもつながる可能性が考えられます。

白髪は加齢や老化が原因としてのイメージが強いですが、直接的なきっかけは逸脱した行動や状況ではなく、意外と些細な行動や習慣からはじまることも念頭におく必要があるのではないかと思われます。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。