白髪原因は栄養不足?

ホーム » 原因 » 栄養不足が白髪の原因に?

栄養不足が白髪の原因に?

スポンサードリンク

ここでは白髪の原因に栄養不足が絡んでいる可能性についてを考えてみたいと思います。

生物はなぜ栄養素が必要なのですか?という疑問につながってくるテーマではありますが、それは生物が生きていく代謝が必要とされるからです。

栄養素は身体の中で代謝されて、生きていくために必要な体内物質の原料として、またはエネルギーを作り出すために常に必要とされておりますので、栄養不足になっていくということは身体が正常に機能していくためには不利な状況へと徐々にシフトしている状況と言えるのではないでしょうか。白髪の悩みを解決する上で栄養不足はまず対処しなければならない問題と言えます。

食事で栄養を補給することは健康を維持( 老化対策:白髪が生えにくく )するためには必要不可欠なことなのです。

栄養不足が白髪の原因に? | 栄養は健康維持に欠かせない

栄養素とは一般的にタンパク質、脂肪、炭水化物と呼ばれる3大栄養素のほかビタミンやミネラルなどを指しますが、体内に取り込まれると必要に応じて様々な物質に合成されて活用されていきます。

過剰に取りすぎると健康を害していくことにもつながりますが、逆に枯渇とまではいかないにしても偏った食事を取り続けることで必要な物質を体内で合成することが出来なくなること(栄養不足)で発生してしまうトラブルがあるようなのです。

これに白髪も症状のひとつとして名を連ねているわけです。

栄養不足、すなわち健康の維持に必要な物質が無ければ健康は維持されることはないわけですから、やがて何らかの形(白髪もそのひとつ)で症状が現れてくるのは自然なことではないでしょうか。

毛髪についてはその点どのような栄養不足が白髪トラブルを直接的に引き起こすのか調べてみました。

栄養不足が白髪の原因に? | なかなか侮れないビタミンB群

まずは何が何でも代謝を促進することは健康の維持に大切なことですから代謝に関連する栄養素から挙げていきますと、以下のとおりとなります。

栄養素 – 代謝に関連する成分
  • タンパク質
  • 炭水化物
  • 食物繊維
  • ビタミン(特にビタミンB1、B2、B6)

バランスの良い食事を取ることが健康維持には大事なことであり、個別に成分を潰していくよりは食事により食材の相互作用の恩恵を得る方が栄養不足対策には良いかと思われます。

しかし最近の食生活の乱れで一番意識して頂きたいのはビタミンBの不足ではないでしょうか。

ビタミンBは水溶性でなかなか体内に長く留まっていることができず、一定の時間を経過すると尿として排出されてしまうのですが、意外と体内でいろいろ利用されているようなのです。

ビタミンBは乱れた食生活問題で一番足りていない成分の筆頭(栄養不足ランキング – トップ1)といっても過言ではありません。

代謝に必要不可欠な成分なのに、栄養不足だったり、他のことでいろいろ使われて代謝が機能しなくなると肥満の原因にもつながり、最終的には健康を維持することができず、体調の崩れがいたる箇所で何らかの症状で発生してしまう恐れも考えられます。

栄養不足にはまずはビタミンBを意識されてみることをオススメします。

そのほかに炭水化物の過剰摂取を控えることと、食物繊維、そして成長や代謝に不可欠なタンパク質を意識して摂取することを合わせてオススメします。

基本的にはタンパク質、炭水化物、食物繊維、ビタミンなどを意識したバランスの良い食事を摂ることで、栄養不足解消の条件は満たしていけるものかと思われます。

栄養不足が白髪の原因に? | 毛髪に関連する栄養成分

毛髪(白髪)に関連する栄養成分を挙げていくと重複を省いて以下のとおりとなります。

栄養成分 – 白髪、毛髪に関連する成分
  • シスチン(アミノ酸)
  • チロシン(アミノ酸)
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ミネラル

食材でいくと、青魚(アジ、サバ、イワシ、サンマなど)、ささみ、豆腐、ほうれん草、海草、ナッツ類、緑黄色野菜など・・・こうして並べていきますと、意外と身体を考えた食事を意識していくとそれとなく網羅できていけそうな食材がほとんどなので、栄養不足解消のハードルは高くありません。

睡眠と合わせて食事による栄養補給(栄養不足対策)は自身の努力で改善が見込め、健康の維持および白髪を生えにくくする環境作りを目指すことが出来ます。

まだ自身で白髪に対して何か出来る余地がある手段は積極的に講じていきたいものですね。

具体的な食材や白髪に関連する栄養素については白髪の予防対策の記事で、別途詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。