髭白髪の原因

ホーム » 原因 » 髭の白髪の原因について考える

髭の白髪の原因について考える

スポンサードリンク

(ひげ)に関わらず、体毛の全般は条件さえ整えば白髪となって生えてくるようなのですが、今回は「髭(ひげ)」に焦点を当てて白髪との関連性を取り上げていきたいと思います。

成人の男性は一般的な清潔感のあるイメージのために日々「髭(ひげ)」の手入れに時間を割いています。

毎日剃っても剃っても次から次へと髭(ひげ)は生えてくるので、生命力の強そうな印象を受けますが、髭(ひげ)も白髪となって生えてくることがあります。

白髪の生える原因には加齢や老化が一般的な要因として挙げられますが、髭の場合はどのような要因が考えられるのでしょうか。

話を少し髭(ひげ)そのものを掘り下げてみたいと思います。

各部位ごとの髭の呼び名
  • くちひげ(髭)・・・唇周辺
  • あごひげ(鬚)・・・顎
  • ほおひげ(髭)・・・頬

髭の白髪の原因について考える | 髭(ひげ)の特徴やまつわる歴史

男性ホルモンの働きで髭(ひげ)の発毛は促進されていくそうなので、個人差はあれど思春期以降くらいから徐々に髭(ひげ)の存在が目立ってくるのではないでしょうか。

髭(ひげ)は生え具合で清潔感など本人の印象そのものに影響を与えるほどで、かなり昔から人類には髭(ひげ)の手入れをする文化があったとされています。

一方で日本の歴史の中で「髭(ひげ)の薄い男は一人前ではない」とする時期もあったり、逆に「風紀を乱すため髭(ひげ)を剃りなさい」とする時期もあったりするが、現代では清潔感をアピールする一般的なスタイルとして髭(ひげ)は剃られております。

なお、中途半端に生やした髭を「無精髭」と呼ばれることもあります。

さてこの髭ですが、成人男性でおおよそ6000~25000本程度生えているそうで、おおよそ0.4mm/1日の速さで成長し、ヘアサイクルは2~3年と言われております。

髭の白髪の原因について考える | 白髪の生える主な原因

白髪の原因として挙げられる一般的な原因は以下のとおりです。

一般的な白髪原因

こうして見ると、概ね生活習慣が大きく影響を与えるケースが主ではないでしょうか。

白髪のメカニズム 」でもご紹介させて頂きましたが、メラニン色素を合成して毛髪に色素を供給する働きを担うメラノサイトと呼ばれる色素細胞が頭皮に存在するのですが、細胞の元気がなくなってくる(弱体化)と本来のメカニズムが十分に機能させることができなくなります。

細胞の弱体化の主な原因は、血流量の低下であったり、栄養不足だったりするのですが、栄養が少ない場合に身体は生命維持優先のため、その限られた栄養を身体の他の部位で優先的に使ってしまうようです。

栄養バランスを無視した偏った食事や、間違ったダイエットなどはメラノサイトの働きを弱めてしまう原因につながる懸念があるといえるのではないでしょうか。

また血流量の低下、すなわち血行不良も見過ごせない要因のひとつで、栄養は十分にあるのに適切な場所へ適切な量を適切な時間で届けられなくなると、新陳代謝をする活動に弊害がおよんでしまいます。

血行不良の要因には「 白髪の原因は血行不良? 」でも挙げさせて頂いておりますおで、お時間があれば合わせてご参照ください。

髭の白髪の原因について考える | 髭(ひげ)まわりの環境改善の対策

髭まわりに白髪が生えるということで血行促進に有効な対策は以下のとおりです。

血行促進に有効な対策
  • 咀嚼回数を増やす(食事の時に回数を意識してよく噛む)
  • 顔面体操や顔面マッサージ
  • ビタミンEを意識したバランスの良い食事
  • お風呂
  • しっかり睡眠を取る
  • 煙草を吸わない

髭まわりだと咀嚼回数や顔面体操、顔面マッサージなどは部位に直接的なので、毎日少しの時間ほぐされてみると良いかもしれません。

また細胞の元気を取り戻すためには、新陳代謝を促進させる必要がありますので、前提として血流量対策が必要ですが、ビタミンCや成長ホルモンなどの分泌促進も合わせて意識されると相乗効果が見込める可能性が考えられます。

成長ホルモンは成長期に多く分泌され30代からは徐々に分泌量が低下していくそうですが、役割として代謝の促進も担うホルモンなのでアンチエイジングでも注目されているホルモンです。

この成長ホルモンは睡眠中や運動後に分泌されるそうで、質のいい睡眠を取ることや適度な運動は成長ホルモンの分泌を促進させますので、血行促進と成長ホルモンの分泌促進の目的を兼ねて対策されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。