子供に白髪が生えた

ホーム » 原因 » 子供に白髪が生えた

子供に白髪が生えた

スポンサードリンク

子供なのに白髪が生えてしまうことを若白髪と言いますが、老化現象のイメージとして強い印象力のある白髪が生えてしまったことでショックを受けてしまう、悩んでしまう子供だちは後を絶ちません。

なぜ子供で若いのに白髪が生えてしまうのでしょうか?

白髪の生える原因にはメラニン色素を合成し、毛髪へ供給するメラノサイトという色素細胞の働きが影響しておりますが、この細胞は細胞分裂することはなく役割を果たすとやがて死滅して減少していく細胞なのです。

子供に白髪が生えた | メラノサイト(色素細胞)の役割や働きを理解する

このメラノサイトの減少を検知して新たに補給する働きが身体には備わっており、色素幹細胞という幹細胞がメラノサイトに変化して減少を補います。

この色素幹細胞は自己複製という細胞分裂する働きを持っているので、一定の条件が揃えば増殖していくことが可能となります。

しかし色素幹細胞は損傷してしまうと自己複製が出来なくなってしまいます。

もちろん細胞を修復させる働きは身体に備わっているし、普段の生活の中では細胞の損傷はものすごい数日常的に発生しており、その数だけ修復させる仕組みが働きます。

しかし中にはうまく修復できなくなってしまう細胞も存在してしまうのです。

色素幹細胞が損傷からうまく修復されなくなってしまう数が増加していくと、メラノサイトそのものの供給が止まってしまい、そのことが結果としてメラニン色素の合成・毛髪への供給そのものをこなせる細胞が枯渇してしまう状況につながってしまうそうなのです。

子供に白髪が生えた | 考えられる白髪が生える原因について

白髪の生える原因には、色素細胞を供給する過程に問題が生じていないか、または色素細胞そのものの働きが弱体化していないかなどが主として挙げられるのではないでしょうか。

話を戻しますが、色素細胞の減少を検知するはずの仕組みが鈍いと色素細胞を供給するきっかけが発動しませんし、色素幹細胞の状態次第では自己増殖できずにやがて色素幹細胞が枯渇する懸念も考えられます。

また色素細胞の数は問題なくても、頭皮のトラブルが細胞の働きを弱体化させている可能性も考えられます。

その他にもメラノサイトを消失させたり、メラノサイトの機能停止させてしまう白斑と呼ばれる皮膚疾患もあり、これは病状悪化・進行の心配もあるので、ご不安の方は皮膚科の専門医への受診をオススメします。

若白髪の生えた子供の食生活や生活習慣・環境が著しく異常な状態でない場合は、遺伝が原因という考えが一般的なようです。

子供に白髪が生えた | 子供のときに生える白髪は遺伝によるもの?

子供は成長過程にあるので、この時期の子供は成長ホルモンの分泌により、成長や代謝が促進され、キズの治癒、回復力なども人生の中で一番活発な状態にあります。

その流れに逆らって白髪が生えてしまう状況が発生しているのですから、加齢や老化などではなく何らかの原因で本来の働きがどこかで機能していない可能性があり、その体質は遺伝という形で親から子供が引き継いでしまった体質なのではないかいう説です。

体質の現れ方も個人差が出るので、誰にどのような形でどの段階から現れてくるのかというのははっきりとは述べられないようです。

加齢や老化などの印象論で子供の白髪を不安視されている方がいらっしゃるとは思いますが、健康的な生活を送られているようであれば、健康上の不安は問題ないものかと思われます。

ただし子供たちは白髪に健康上の問題があろうが無かろうが、非常にショックなことで白髪が生えたことを苦しく感じてしまう子供たちは多いと思います。

白髪に対するイメージにおじいさんやおばあさんの髪を連想してしまい、「白髪の原因は老化によるものだ」という考えが一般的なため、感受性の高く影響を受けやすい時期での白髪は子供たちをとても悩ませ、また他人から冷やかされたり、いじめの要因に挙げられてしまうこともあるようです。

今後の白髪の研究の発展次第では、若白髪の対処方法が解明されていく可能性が考えられますが、現時点では残念ながら全容が明らかにされておりません。

別の記事で「 実はみんな白髪だった? 」でも取り上げてますが、毛髪そのもののベースはみんな白髪なのです。

色素細胞が毛髪に対し内側からメラニン色素を合成し、毛髪へ供給している働きを補う意味では、外側から毛髪に色を与える白髪染めという手段は意味合いとしても理にかなっていると思います。

カラーリングと白髪染めの違いは、黒髪に対して染まりが良いのがカラーリング、白髪に対して染まりが良いのが白髪染めという理解で良いみたいです。

若白髪そのものにそもそも善悪はありませんが、白髪染めなどの手段を講じつつ子供への精神的なケアを踏まえていく必要があるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。