まつ毛白髪の原因

ホーム » 原因 » まつ毛の白髪の原因について考える

まつ毛の白髪の原因について考える

スポンサードリンク

まつ毛も髪の毛と同様に白髪が生えるって皆さんご存知でしたでしょうか?

まつ毛に白髪だと気分的にも老け込んできてしまうし、他人の視線を常にハラハラと意識してしまうのではないでしょうか。

鏡で自分の顔を見ている時にも白髪が目の近くだし、無視したくても気になって仕方がない、と深く悩まれる方が多くいらっしゃるかと思います。

まつ毛の白髪はどういったことが原因で生えてきてしまうのでしょうか?

もちろん加齢による老化が原因となるケースにかなりの範囲で該当するものかとは思われますが、それ以外に原因があるとすればどんなことが考えられるのか、というテーマで考えてみたいと思います。

まつ毛の白髪の原因について考える | まつ毛やまぶたの役割

まつ毛はだいたい上下で200本近く、両目で400本ほど生えており、ヘアサイクルは120~150日ほどで生え替わるそうです。

役割としてはほこりなどが目に入らないように防ぐために生えてきているそうですが、まつ毛周辺の皮膚(まぶた)は身体の中で一番うすく、瞬き(まばたき)などの早い動きを実現できるようです。

まぶたは皮膚がうすいことでダメージの影響を受けやすく腫れやすい原因(泣いたり、ぶつかったり)にもなっているようです。

影響を受けやすいという面では現代社会の職業病といっても過言ではない眼精疲労が原因の血行不良なども例外ではありません。

瞬き(まばたき)などの目の周りの筋肉を動かすことが血行を促進する意味では欠かせない動作なのですが、長時間のパソコン作業などで瞬きすら忘れて作業に没頭してしまうと目の周辺の血流量が低下しやすくなります。

もともと大人の男性の場合は1分間に20回程度、女性の場合で15回程度の瞬きをすると言われているようです。

血行不良の分かりやすさでいうと、目の下のくまなどが典型的ではありますが、このサイトでは再三にわたり白髪と血行不良の関係はかなり深いつながりがあることを発信し続けております。

まつ毛の白髪の原因について考える | 目の周辺だって血行不良になる

まつ毛の白髪の場合だけ特別に血行不良とは無関係ということだと変ですよね。そしてもちろん関係している可能性が考えられます。

血流量が低下してしまうと、まつ毛の成長に必要な栄誉やビタミン、ミネラルが届きにくくなってしまい、まつ毛の成長に合わせて必要な栄養量を得ることが出来なくなってしまいます。

栄養が届かないことで毛髪や色素の生成に関連する細胞の働きも鈍り、まつ毛に色素供給されない状態で生えてきてしまうという顛末につながっていくのではないでしょうか。

これは白髪になるだけではなく、体毛である限りまつ毛も薄毛になる可能性はありますし、栄養を得られない植物が育たないのと同様にまつ毛にも最低限、元気に生えてきてもらうために必要な条件があります。

また睡眠不足でも目にくまが出てくることってありますよね。睡眠不足でも眼精疲労と同様に目の周辺の血流量の低下の原因となります。

目を酷使した分はしっかり労わってあげることが大切で、しっかり休憩を取って瞬きをしたり、目の周辺のこりをほぐしたり、蒸しタオルなどで血行を促進することなどが効果的です。

煙草を吸うと血管に影響を与え、血行不良になりやすいことは有名ですので、該当される方はこの点も合わせて改善が見込める可能性があります。

まつ毛の白髪の原因について考える | 血行不良にはビタミンE

ビタミンEなどは毛細血管の血行促進に効果的とのことで世の中の「目・肩・腰に・・・」などで市販されている薬にはかなりの割合でビタミンE、または類似する働きを持つ成分が含まれていますので、普段の食事の中にビタミンEを意識された食事を目指すのはオススメです。

ビタミンEの多い食材としては、以下のとおりです。

ビタミンEの多い食材
  • アーモンド
  • ひまわり油
  • うなぎ
  • サーモン
  • いくら、すじこ
  • 煎茶

その他にも多くの食材にビタミンEが含まれておりますので、ご参考にして頂けると幸いです。

慢性的な運動不足の場合にも血行不良になりやすいので、適度な運動習慣も対策として有効です。

またストレスも血行不良と密接な関係がありますので、両方を対策する上で「お風呂にゆっくり浸かる」ことはオススメです。

更にお風呂をぬるま湯で浸かった場合には、リラックス効果も得られるようですので、睡眠1~2時間くらいを目安に浸かられると、質の良い睡眠につながるとまで言われております。

お風呂は面倒だと思う方はいらっしゃるかと思いますが、毛髪環境に留まらず身体の回復に欠かせませんので毎日でなくても意識的に浸かるように取り組んでみることを合わせてオススメします。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。