実はみんなもともと白髪だった?

ホーム » 原因 » 実はみんなもともと白髪だった?

実はみんなもともと白髪だった?

スポンサードリンク

実はみんなもともと白髪なんです、というのはある意味本当の話なのですが、読み進めて頂くと「なるほど」と思って頂けるのではないでしょうか。

これは「 白髪のメカニズム 」で触れた内容に重複する点があるかとは思われますが、興味深いので挙げさせて頂きました。

そもそも毛髪が黒髪として生えてくるためにはメラノサイトと呼ばれる色素細胞の働きが重要で、このメラノサイトはメラニン色素を合成し、毛髪にその色素が供給させることで髪色を変化(黒髪を維持)しているようなのです。

実はみんなもともと白髪だった? | メラノサイトは黒髪の維持に欠かせない

メラノサイト(色素細胞)の中でメラニン色素が合成されていき、毛髪へ色素を届けるのですが、そのプロセスの中で何らかの不具合が生じた場合にメラニン色素が毛髪に届かなくなるのです。

結果として生えてくる毛髪の髪色にその影響が反映されていく顛末になるのですが、その不具合ゆえに生えてきた髪の色が黒色ではなく、白髪となっていた。

このことを考えると毛髪の生える過程でメラニン色素が加わり、髪色が変化するという流れがメカニズムとしてあるわけですから、私たちみんなの身体にはもともと内部から毛髪を染める働きがあるという意味にも受け取れるような気がしませんか?

しかしその機能が働かない場合には残念ながらみんな例外なく白髪が生えてしまう。

白髪が生えるといわれる主な原因

その他にも原因はいろいろ考えられますが、そもそも単一原因というより複合的な要因が一定の水準を超えると機能低下を来たし、色素供給できなくなるのではないでしょうか。

そうだとすると私たちみんなの毛髪はもともと白髪がベースであったのではないかという見方ができてしまうのは強引でしょうか?

実はみんなもともと白髪だった? | 毛髪は白髪ベースなのでは

もともと黒髪ベースの毛髪が生えてきて、毛髪の元気がなくなると黒髪だった毛髪の部分が白髪に変化していくという考え方は正しい考え方ではないことになります。

この毛髪の内部から色素を供給して髪色を作り出す仕組みの代替方法として、外部から髪色を染める白髪染めという手段がありますが、こういった仕組みの流れを踏まえてみても理にかなった手段であると言えるのではないでしょうか。

何はともあれ、もともとみんなの毛髪が白髪ベースであるということから、この記事のタイトルで言うところの「実はみんなもともと白髪だった?」につながるわけです。

白髪が世の中で根強い老化現象のイメージになっていることと、今回のこの内容とを照らしてみると、たしかに原因のひとつには当てはまるのでしょうから間違いじゃないのでしょうけど、少し考えさせられてしまいます。

たしかに老化や加齢にともなう身体の仕組みとしての衰えが白髪を招くケースは普通にありますが、今回の内容を踏まえるとそもそも実はもともとみんな白髪なんです。

私たちの毛髪はみんなもともとが白髪なんです!!

まずはもともとみんな白髪ベースであること、そしてメラノサイト(色素細胞)の働きで白髪に色素が供給されるということ、白髪のまま生えるということは色素供給周辺のプロセスに何らかの問題が生じている可能性が考えられること、情報を整理していくといろいろと明確になっていきますね。

白髪でお悩みの方々は世の中に多くいらっしゃって、みんなが個々にいろいろな白髪にまつわる悩みを抱えているものかと思われます。

白髪は恥ずかしい、白髪は老化のはじめり、ストレスの果てに白髪になった、他人の目が気になる・・・など挙げていくとキリがないものかもしれませんが、少し視点を変えてみると毛髪や白髪に対してのイメージが変わってくるような気がしませんか。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。