もみあげ白髪の原因

ホーム » 原因 » もみあげの白髪の原因について考える

もみあげの白髪の原因について考える

スポンサードリンク

もみあげ白髪が生えると焦ってしまう方が多いのではないでしょうか。

それなりに目立ちますし、白髪による他人からのイメージでお悩みになられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やがていろいろ白髪が生えてくる場所はあるにせよ、なぜ「もみあげ」なのか、白髪になりやすい場所なのでしょうか?

白髪の場所と原因の関連性 」などでも挙げられている内容はあるかと思いますが、もみあげと白髪についてお調べしてみました。

まず白髪の生える原因について、加齢や老化によるものもありますが、血行不良栄養不足、頭皮細胞の弱体化というものが原因で白髪が生えるケースもあります。

もみあげの栄養不足や血行不良っていったいどういうことだろう?と思ってしまいますよね。

もみあげの白髪の原因について考える | もみあげの血行不良の原因

もみあげ周辺の血行不良の原因ってどういうことが挙げられるのか、以下にまとめてみました。

もみあげ周辺の血行不良の原因
  • 外部からの刺激(皮膚のダメージ)
  • 皮膚の乾燥
  • ストレス
  • 眼精疲労
  • 頬骨の発達による骨格上の要因

皮膚へのダメージは細胞が弱ってしまうため、毛髪に関する働きも鈍ってしまい、適切な働きが十分に行われないため、結果として白髪につながっていくのではないかと考えられます。

皮膚の乾燥もダメージからの回復過程であったり、血行不良が招く状態のひとつとしても挙げられので、細胞が弱ってしまっていると言えるのではないでしょうか。

ストレスについては「 白髪はストレスが原因? 」でも挙げさせて頂きましたが、頭皮(主に帽状腱膜)は精神的ストレスにともない頭蓋骨に圧着されていきます。

これは頭皮が引っ張られた状態になっていることを指しますが、その分血管などが圧迫されて血行不良が起こりやすくなると言われています。

眼精疲労などはパソコン作業やテレビゲームなどで長時間に渡り、目の酷使した場合に目の周辺部の血行不良を招きます。

頬骨の発達の程度によっては皮膚が引っ張られてしまい、血管などが圧迫されて血行不良が起こりやすくなります。

それ以外に白斑などの皮膚疾患が白髪を招くケースも考えられます。

もみあげの白髪の原因について考える | 血行不良に有効な対策

栄養不足が慢性的ならばもみあげに留まらず、全体的に白髪が生えてきても良さそうですが、もみあげだけに生えるというのであれば、もみあげ周辺で血行不良が発生し、それが栄養不足を招き、白髪の生えやすい環境作りを手伝ってしまっている可能性も考えられます。

身体全身レベルでの血行促進に有効な手段としては、以下のとおりです。

血行促進に有効な手段

もみあげ周辺の血行不良は白髪になる可能性はありますが、そのほかに薄毛、ハゲ(脱毛症)になる可能性もはらんでいます。

もみあげの白髪の原因について考える | 血行不良は栄養不足も招く

仮に栄養をしっかり摂取していたとしても、血流量が低下してくると結果として栄養が満足に毛髪へ届かなくなり、細胞が満足に機能しなくなると、毛髪そのものの生成にまで影響がおよんでしまう可能性があるということです。

外部からの刺激などは普段無意識でポリポリともみあげを掻いたり、整髪料やシャンプーによる刺激や洗い方(強さ)などが挙げられるのではないでしょうか。

無意識だからといっても細胞にとってはあまり良い状態にあるとは言えませんよね。

また白斑はメラニン色素を合成、毛髪へ供給する働きを持つメラノサイトと呼ばれる色素細胞の消失、または機能停止してしまう症状で、もみあげに発生すればもみあげが白髪になりますし、徐々に全身に広がって行こうとする症状もあるので、注意が必要です。

病状の進行具合も懸念されますので、白斑の疑いをご心配される方は皮膚科の専門医への受診をオススメします。

もみあげ周辺の血流量を促すために上記で挙げた6つの手段などをお試し頂き、血のめぐりに対してしっかり対策していくことで、もみあげ白髪の進行を食い止める環境が整ってくるのではないでしょうか。

加齢や老化が主だった原因の場合には、原因が異なるのでなかなか厳しい面があるのではないかと思いますが、普段の生活の中に改善点があることは事実ですので、取り組んで頂くことは有益なことだと思います。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。