白髪原因は睡眠不足?

ホーム » 原因 » 睡眠不足が白髪を招く?

睡眠不足が白髪を招く?

スポンサードリンク

白髪が生えてしまうことに睡眠不足は関係があるのかご心配の方がいらっしゃるのではないでしょうか。

睡眠不足になると疲れが溜まったり、いろいろ体調が崩れたりすることは何となく想像できますが、白髪につながる要因になることはあるのでしょうか。

ここではまずそもそも睡眠とはいったいどういったものかを明らかにし、睡眠不足になると白髪にどのように関わっていくのか調べてみたいと思います。

睡眠不足が白髪を招く? | 睡眠とはいったいどんな状態・行為なのか?

睡眠とは身体の動きが止まり、外部からの刺激に対する反応の低下および意識の消失、されど簡単に目が覚ませる状態のことを指すそうです。

睡眠の目的としては、心身の休息と記憶の整理が主となりますが、下垂体前葉からは睡眠中に2~3時間の間隔で成長ホルモンが分泌されていきます。

この成長ホルモンは成長期には身体の成長を促進させますが、その他にキズの治癒、肌の新陳代謝なども促進すると言われており、アンチエイジングで着目されているホルモンでもあります。

睡眠中にこのホルモンの放出量が多くなることから「寝る子は育つ」という有名な言葉があるのはみなさんご存知でしょうか。

その他には免疫力の向上やストレスの除去などの働きが挙げられます。

人間に必要な睡眠時間は7~8時間くらいが良いとされていますが、ここはさまざまな説により時間に少し幅があるようです。

いずれにせよ睡眠は短すぎるわけでもなく、長すぎるわけでもない適度な時間が身体には必要ということは共通なようです。

さて、白髪との因果関係はどういった点で見受けられるのでしょうか。

睡眠不足が白髪を招く? | 白髪との因果関係は

上記で挙がったものでいくと、肌の新陳代謝や免疫力の向上、ストレスの除去など、その他には血流量の低下なども白髪の要因として挙げられそうです。

睡眠のバランスが崩れると身体のリズムの崩れにつながるとはよく効く話ですが、睡眠不足が引き起こす症状は白髪が生える以外にもいろいろとありそうな気がしてならないのは私だけでしょうか。

白髪が生えるためには毛髪に色素を供給するメラノサイトと呼ばれる色素細胞の働きが重要視されてきますが、睡眠不足が引き起こす諸症状は血流量の低下やストレスの蓄積のつながっているものが多く、これが頭皮周辺の細胞の動きを弱体化させてしまう原因となってしまうようなのです。

ストレスは頭皮を緊張させ、さらに毛髪周辺の血流量の低下を引き起こしますので、慢性的な睡眠不足の場合ですとそれは長時間の栄養不足、酸素不足となっている状況に置き換えられ、これは白髪の生える要因と言えるのではないでしょうか。

植物を例にするまでもないと思いますが、こういった環境では土も植物も弱ってしまうのは当然な気がしますよね。

頭皮や毛髪も例外ではなく、栄養や酸素は普通に必要とされるわけですが、自身は意図してそんな環境を引き起こしているわけではないことが白髪の悩ましい問題につながってくるわけです。

睡眠不足が白髪を招く? | ご自身ができる対策

運動後に筋肉痛が発生する遅さや、同じ時間寝ても疲れが取れにくくなったり、身体の代謝速度も年齢とともに遅くなりますので、10~20代前半のような感覚で考えてしまうと意外とギャップが生じてくる結果を自覚することができるかと思われます。

睡眠ひとつにしてみても生物が生きていく上で必要とされる行動なわけですから、しっかり心身の休息を取って良いコンディションを目指すことが望まれてくるのではないでしょうか。

また白髪が生える要因にはいくつかどう頑張っても自身では解決できない問題もあるのですが、この睡眠については日々の生活習慣を意識的に見直すことで白髪の生えやすい状況を改善させていくことが可能な話ですので、思い当たる節がある方は是非お試しください。

ストレスの発散方法の模索すること、また頭皮の血行促進には頭皮マッサージなども白髪対策に効果的であるかと思われます。

お風呂に浸かると全身の血行促進にも効果的かつ、熱すぎないぬるま湯に浸かるとリラックス効果も得られると言われておりますので、睡眠する1~2時間前に実践されると白髪対策と合わせて質の良い睡眠を目指すことができるかもしれません。

質の良い睡眠を取ることが身体にとって白髪を生えにくくする環境作りを支えている旨をご理解頂けると幸いです。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。