白髪の原因はタバコ(喫煙)?

ホーム » 原因 » タバコ(喫煙)は白髪の原因か

タバコ(喫煙)は白髪の原因か

スポンサードリンク

皆さん、タバコを吸う人(喫煙者)は白髪が生えやすいという話を聞いたことはありますでしょうか。

最近は禁煙ブームの到来で、禁煙や分煙など喫煙者には窮屈な世の中に移り変わってきたのではないかと思います。

タバコが健康に与える影響について、何となく煙たくて身体に悪いということは分かりますが、どれほどの被害があるのかなんて考えてはきませんでした。

タバコとは亜熱帯性植物で、語源はスペイン語やポルトガル語の”tabaco”、葉の成分に上述のニコチンが含まれるとのことですが、このニコチンは有毒で強い習慣性作用があるのだそうです。

タバコ(喫煙)は白髪の原因か | ニコチンが引き起こす身体的な症状

ニコチンは天然由来の物質で、即効性の非常に強い神経毒性を持つらしく、その毒性は青酸カリの倍以上に匹敵するが、ニコチン自体には発癌性はないそうです。

依存性は高いが体内での代謝が早いことから血中半減期が20~30分ほどになるとのことです。

ニコチンの作用で血管収縮や血圧上昇などの症状も発症するとのことで、依存性が高いことから慢性的に喫煙される方々の身体に影響を与えていきます。

タバコ(喫煙)は白髪の原因か | 受動喫煙は簡単に成立→有害環境を招く

受動喫煙という言葉がありますが、これは主に喫煙中の喫煙者の吐いた息に含まれる煙とタバコから立ち上がる煙などが室内にこもり、非喫煙者が間接的に喫煙状態にさらされてしまう状態を指します。

喫煙者はタバコを吸う際にフィルタを通して煙を吸い込むのですが、このフィルタの主目的は吸引する際にタバコから発生する有害物質の侵入を防ぐ役割を担っています。

それに比べてタバコから立ち上がる煙を副流煙と呼びますが、その煙をそのまま吸ってしまうとフィルタを介していないため有害物質を多く体内に取り込んでしまうことになります。

タバコ(喫煙)は白髪の原因か | タバコの有害成分について知ることが大切

主なタバコの有害成分
  • タール(ただただ発がん性の物質)
  • ニコチン(血管収縮、血圧上昇、心臓血管への負荷)
  • 一酸化炭素(血管の内部損傷や全身の酸欠状態を招く)

上記は有名な3代成分ですが、上記以外にもいろいろと有害成分が含まれているようです。

タールを吸い込むことで「がん」の発症する確率が上がってしまうとのことですので、mg(ミリグラム)の世界で云々言ってる場合ではない気がしますが、、、

ニコチンと一酸化炭素はそれぞれの作用で血管をボロボロにしていく成分ということになりますが、同じ部屋の空気を吸っているだけで間接喫煙状態になり、このような有害物質までフィルタなしに吸い込んでいる状態は考えただけでゾッとします。

喫煙は心疾患や脳血管障害、肺疾患など多くの病気を発症させたり悪化させる要因になるとも言われております。

驚くべきことにタバコにより世界全体で毎年540万人の死亡者が世界保健機構(WHO)で報告されているとのことですが、皆さんはこの数値をご存知だったでしょうか。

タバコ(喫煙)は白髪の原因か | タバコ(喫煙)と白髪の関係性について

さて白髪とタバコの関連性について話を戻させて頂きますが、白髪の原因として一般的な原因は以下のとおりです。

主な白髪の原因

白髪の生える原因のほとんどが加齢や老化と言われておりますが、身体の状態や機能の衰えだけではなく、生活習慣の影響で身体の状態や機能が低下してしまうことで同じような状況に陥ってしまうことがあります。

今回の「タバコ」にしてみると「血行不良」という要因とタバコ成分の作用が合致しております。

血行不良と白髪の関連性につきましては「白髪の原因は血行不良?」で詳しく挙げさせて頂いておりますので、お時間のある方は合わせてご参照ください。

また一酸化炭素の作用による「全身の酸欠状態」というものも、自覚できるのは運動時の息切れなどでしょうが、身体の中はもっと深刻な問題です。

生命維持に必要な酸素を非効率にしか取り込めない環境を自ら作り上げている図式なわけですから、徐々に酸素不足にともなう弊害は個人差はあれど発症しやすくなってくるのではないでしょうか。

タバコ(喫煙)は白髪の原因か | タバコから白髪を守るためには

残念ながら喫煙者の白髪対策としては、「タバコを吸わない(禁煙)」を避けては通れません。

また分煙や禁煙に意識的に取り組まれてはいるものの受動喫煙が成立しやすい環境は極力避けることも大切なことかと思われます。

「受動喫煙 = 白髪なのか?」と過敏になる必要はないかと思われますが、慢性的にそのような環境にさらされてしまうことで白髪が生える条件上、可能性は懸念されるため合わせて挙げさせて頂きました。

発がん性がともない、血行不良や血管ダメージ、その他諸症状を招く可能性のあるタバコは健康の観点から個人的にも推奨することはできません。

白髪を身体の「衰え」とするか、「弱体化」とするかで行動の起こし方も変わってくることがあるかもしれませんが、禁煙ブームの影響もあり禁煙のサポート体制も徐々に整ってきているようです。

ご自身の健康と「髪の健康」のためにもご検討頂けると幸いです。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。