白髪と薄毛の関係と原因について

ホーム » 原因 » 白髪と薄毛の関係と原因について

白髪と薄毛の関係と原因について

スポンサードリンク

白髪薄毛の両方に見舞われることはそうそうないとお考えのあなた、実は私もおなじような考えを以前持っていました。

しかし加齢による老化の現れ方も人それぞれで薄毛になる人、白髪になる人、また中には複合的条件が備わって両症状を発症してしまう人がいてもおかしくないのではないかと考えるようになりました。

理由としては単純な理屈からでした。

薄毛や白髪のどちらも頭皮が元気で本来のメカニズムを無駄なく発揮していれば、薄毛や白髪などが発生する理由そのものがなくなってしまうからです。

白髪と薄毛の関係と原因について | 両症状を発生させることは出来るのか

白髪になるには白髪になる条件を満たす必要があり、条件を満たせなければ白髪が生えることはありえませんし、薄毛になるには薄毛になる条件を満たす必要があり、条件を満たせなければ薄毛が生えることはありません。

では白髪と薄毛になるにはどうしたらいいのでしょうか。

白髪と薄毛になるための両条件を揃えてやれば両症状を発生させることができると普通に考えいたったからです。

白髪と薄毛についていろいろ調べてみると、以下のようなものが見られました。

薄毛と白髪についての話題
  • 白髪が生えると薄毛になりにくい
  • 薄毛になると白髪が生えにくい
  • →上記のような噂を聞きますが、それは本当なのでしょうか?
  • 両症状は別物だから・・・関係ない
  • 白髪が生えるときは生えるし、薄毛になるときはなる

私個人としては一番最後の意見と同意見になります。

白髪と薄毛の関係と原因について| 白髪が生えにくい?薄毛になりにくい?

どちらも頭皮トラブルですし、同じ頭皮に関係する問題なのに、「白髪が生えにくい」や「薄毛になりにくい」、「関係ない」ということを説明付けるには厳しい理屈であるのではないかと思います。

確かに毛髪を生成する機能と色素を合成・供給するメカニズムは別の細胞同士の働きがけで成り立っているので、どちらかが細胞固有のトラブルに見舞われれば固有の機能が働かなくなり、片方の症状だけで現れることがあるかもしれません。

ただその場合でも「薄毛になりにくい」や「白髪が生えにくい」などではなく、「白髪になった」や「薄毛になった」という事実でしかありません。

だから「薄毛になりにくい」や「白髪が生えにくい」という理屈で考えるには少し無理やりな発想のようには思えませんか。

私ならば逆に「毛髪を生成する機能には不具合がないだろうか」や「色素合成や毛髪への供給機能に不具合がないだろうか」と、これ以上にトラブルの悪化が拡大しないだろうか不安になってしまいます。

もちろんこの記事をご参照頂いていらっしゃる方々は、「それが心配だから実際のところ、どうなんだろう?」と同じく不安を感じていらっしゃるのではないだろうかと推測いたします。

少しだけ細胞単位のお話をさせて頂きます。

白髪と薄毛の関係と原因について| 頭皮細胞は複雑に機能している

白髪が生える原因にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞やメラノサイトそのものを補充する色素幹細胞の存在が影響していると言われております。

また薄毛や脱毛症の原因には、毛母細胞や毛乳頭細胞、毛包幹細胞などの存在が影響していると言われております。

似たような名前の細胞がいっぱい出てきますが、これらの細胞らが本来の機能を発揮して元気に活動していれば頭髪のトラブルにはなかなか至らないでしょう。

いずれも頭皮に存在する細胞なので、頭皮そのものが弱ってしまうことは細胞たちの働きを鈍らせてしまうことにつながりかねません。

また毛包幹細胞と色素幹細胞は相互作用による幹細胞維持機構というものを築いており、白髪と脱毛を抑制するために機能する役割も担っていると言われ、どちらが欠損すると関係が破綻し、抑制機能が働かなくなるとも言われております。

難しい話は割愛しますが、上記のような細胞単位での働きがけが健康な毛髪の育成には欠かせないという点ではご理解頂けたのではないでしょうか。

加齢や老化も細胞の健康維持を保つことで一定のレベルで機能低下を抑止することが可能性の中で見い出せます。

白髪と薄毛について | 頭皮細胞の健康対策について

では頭皮の細胞の健康維持を保つために意識しなければならないポイントにはどのようなモノが挙げられるのでしょうか。

頭皮細胞の健康維持のためのポイント
  • 血行不良から細胞を守ること
  • 栄養不足から細胞を守ること
  • 皮脂の過剰分泌から細胞を守ること
  • 成長ホルモンの分泌を促進させ、新陳代謝を促進させること

大きくまとめると上記4点などが健康維持には欠かせないのでしょうか。

以下の記事でそれぞれ詳細をまとめさせて頂いておりますので、合わせてご参照ください。

各詳細記事

白髪や薄毛、脱毛症は未だに研究段階で徐々に解明されてきてはおりますが、白髪の分野はまだ企業が消費かに参入できないのが現状です。

白髪を治せます」と宣伝するには仕組みが難解な分野だと言わざるを得ません。

しかし多様化される現代の生活習慣に発症を抑止する機会が多く眠っていることも一つの真実であることと言えます。

現在、企業ではヘア・チェックという名の頭皮の健康チェックを実施しております。

企業では薄毛や脱毛症という方対象のように掲げておられますが、頭皮の健康チェックは白髪で悩む方々にも頭皮の状況把握にとても有効な手段と言えます。

頭髪は一生モノですので、生活習慣改善と合わせて頭皮の健康チェックなども積極的に行なってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。