若白髪の原因

ホーム » 原因 » 若白髪の原因について考える

若白髪の原因について考える

スポンサードリンク

白髪というものは男女の差がなく、10~20代の若い世代に生えてきた白髪を指すようです。

若い世代ということもあり、やはり若白髪なる存在には当然ショックを受けますし、若白髪のことで深刻に悩んだりもするかと思います。

白髪の生える原因につきましては、加齢にともなう老化現象のひとつだというのが一般的な考えであり、また有力候補でもあるようです。

しかし若い世代にはしっかりと成長ホルモンが分泌されていることで、成長や代謝が促進されていることから、よほど逸脱した食生活や生活習慣の乱れがない場合は、若白髪の原因として「遺伝」が理由として挙げられてしまうこともあるようです。

若白髪の原因について考える | 若白髪の原因は遺伝のせいなのか?

若白髪が生えたからと言ってすべての原因が遺伝で片付けられたら説明は簡単ですが、身体の仕組みは複雑ですので、条件が揃えば若い世代だろうと若白髪として生えてくることもあるようなのです。

ここでは若白髪の原因が遺伝でなかった場合に、若白髪の原因にどのような可能性があるのか考えてみたいと思います。

毛髪にメラニン色素が供給されることで黒髪となって毛髪は生えてきますが、このメラニン色素が毛髪へ供給されない場合には白髪が生えてきてしまう。これは若白髪の場合でも理屈は同じです。

メラニン色素が供給されなくなる原因に加齢による老化が考えられると言われているだけで、若くても条件が揃ってしまうと色素の供給が途絶えてしまう(若白髪になる)ことがあるようです。

どのような条件が揃うと色素の供給が途絶えてしまうのかは、以下のような原因が考えられます。

若白髪の原因 – 色素供給が途絶える要因

これがすべてではないとは思いますが、これらは若白髪に限らず白髪の生える要因として挙げられます。

若白髪の原因について考える | 若い時期だからこそ無茶が通じてしまう

若いからこそ無理しがちですが、身体は状況に耐えられなければ症状として見える形(若白髪など)で状態に表れてくることがあるのではないでしょうか。

睡眠は成長ホルモンの分泌や代謝の促進、キズの治癒、ストレス除去には欠かせない行為ですが、睡眠を削ってしまうとそのような働きがうまく機能しなくなる可能性が考えられます。

また睡眠不足は自律神経のバランスの乱れも招くため、それは血行不良などの要因にもつながり、頭皮に十分な血液や酸素が届かなくなる可能性も考えられます。

ストレスも自律神経のバランスを乱す要因になりますので、状況次第では睡眠不足と同様に頭皮周辺の血流量の低下を来たす可能性も考えることができます。

さらに偏った食生活やダイエットなどもやり方を間違えると若白髪の生えやすい環境作りを手伝ってしまう懸念が挙げられます。

妊娠や出産は赤ちゃんを育てるのに必要な分だけ栄養も必要なわけで、ホルモンのバランスも崩れたり、ストレスなどで身体の中はかなり慌ただしい状態になるそうで、妊娠や出産後に白髪が生え、若白髪に悩む妊婦も多くいるようです。

喫煙は血管を収縮させたり、栄養の吸収を阻害するそうで、結果として頭皮の働きを弱体化することにつながります。

若白髪の原因について考える | 若白髪が生えてしまったことはシグナル?

上記のようなことは単一で起こるよりは、複合的に発生し相乗効果で若白髪が生える状態を高めている可能性が考えられます。身体はある意味丈夫ではありますが、個人差はあれど限界というものが必ずあります。

本来に力が発揮することが出来ずに頭皮細胞が弱ってしまっていると毛髪へ色素を供給させることが出来なくなってしまいます。

若白髪が生えてしまい、上記の内容に思い当たる節がある方は、今一度、普段の日常生活を振り返って頂き、環境改善をご検討されてみてはいかがでしょうか。

なお、頭皮細胞の弱体化が白髪の生えた原因であった場合には、本来の元気を取り戻させてやることで、若白髪が改善することもあるようです。

皮膚疾患には白斑と呼ばれる自己免疫疾患があり、メラニン色素を合成して毛髪へ色素を供給する細胞の消失、または機能停止させてをさせてしまう症状を招きます。

頭皮にも白斑が発生すると白髪が生えてきてしまうケースがあり、徐々に全身に広がっていこうとする症状もありますので、白斑なのではないかとご心配の方はまず皮膚科の専門医への受診をオススメします。

関連記事には個別テーマで各内容を掘り下げておりますので、合わせてご覧頂けると幸いです。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。