予防対策:食生活改善で白髪を減らす食べ物を見極めよう

ホーム » 予防対策 » 予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能?

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能?

スポンサードリンク

生えてきてしまった白髪にショックを受けて、「白髪よ、お願いだからこれ以上は増えないでくれ~」と鏡を見ながら日々祈りを捧げておられる方、、、意外とかなりの割合で該当されていらっしゃる方がいるのではないでしょうか。

今回は白髪の予防対策として、毎日食べている食事、食べ物について食生活を改善することで、増えた白髪がこれ以上増えないように、また願わくばその食べ物を改善することで白髪を減らすことが出来ないものか白髪の予防対策の観点で有益な情報に迫ってみたいと思います。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | 食事について考える

基本的に身体は常に何らかの形でエネルギーを消費しながら活動しておりますので、エネルギー補給がどこかのタイミングで必要なことは分かりますし、その手段として「食事」をしているわけですよね。

その食事を介して体内に取り込まれた食べ物は各栄養成分に分解されて、吸収されたり、体外へ排出されたりします。吸収された成分は血液にのって体中に運ばれて、それぞれの部位に必要な成分を必要な量だけ補給する、、、おそらくこんな雰囲気ですよね。

この一連の流れの中で最終的に必要とされる栄養が必要な量だけ届けられなかった場合、その部位はいったいどうなっていくのでしょうか?当然身体は生命の維持を最優先させる機能がもともと備わっているので、どの部位も平等に栄養が届けられるというわけでもないようですし、、、。

どうなってしまうのかという弱っていくのです。
弱っていくとどうなるかというと、働きが鈍くなっていくのです。
働きが鈍くなってくると身体に見える形、見えない形で徐々に何らかの症状が現れてきます。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | 白髪の原因を考える

白髪が生える主な原因

白髪の生える主な原因は上記がすべてではありませんが、ご覧のとおり要因も様々です。

ただし白髪のメカニズムから考えると、毛髪はもともとのベースは白髪であり、毛髪が生えてくる過程で毛髪に色素が供給される流れがあることから、色素を生成・供給する働きが弱体化してしまっていると毛髪の色も徐々に白髪になっていくのは容易に想像がつきます。

問題は色素を生成・供給するのは頭皮細胞の中にいる色素細胞(メラノサイト)が担っていて、この色素細胞は年齢とともに減少してしまう細胞であるということなのです。

この色素細胞の弱体化は活性化の手段があれば対応できますが、色素細胞の枯渇は現時点では対応不可な状態にあることです、、、ようするに老化現象として片付けられてしまうヤツですね。

最近話題のips細胞やSTAP細胞は色素細胞の元となっている色素幹細胞も理論的にはアプローチ可能な細胞であるので、これから先の研究次第では「色素細胞の枯渇」問題にも明るい未来が期待できるかもしれません。

今回のテーマである食べ物の見直し、食生活の改善は頭皮環境の改善、そして色素細胞の働きを如何にして活性化することができるか、、、ってところかと思います。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | ビタミンB群が重要

考え方のポイントとしては上記に列挙している白髪の生える主な原因が参考になると思います。前提として栄養バランスが乱れた食事を続けていて・・・という方は、まず栄養バランスの乱れを整える段階からのアプローチになります。

現代社会の食事ではビタミンB群がとにかく消費されすぎていて、供給と消費のバランスの崩れが激しいそうで、身体の成長や新陳代謝、治癒、回復、免疫などとにかく用途多彩で活用される成分を意識してみると良いかもしれません。

普通の食事の中にも普通に含まれているので、なかなかビタミンB群が欠乏することは起こりにくいのですが、ビタミンB群は水溶性で2~3時間ほどで尿として体外から排出されてしまう性質があります。

効率よく体内で活用されていく必要があるのですが、以下が原因でビタミンBの消費量が増加してしまいます。

ビタミンB消費量増加の主な原因
  • ストレス
  • 炭水化物、糖分の摂りすぎ
  • 過度のアルコール摂取
  • 妊娠、授乳
  • 加齢
  • 過食

仕事のストレスだったり、アルコールの飲みすぎ、いろいろなお付き合いで食事を外食にしたり、自炊せずコンビニの食べ物で済ませてしまうことが日常化されている方は、潜在的にビタミンBの消費量が増加傾向にあり、白髪の予防対策の観点から見ても食生活の見直しが必要と言えるでしょう。

ビタミンB群は「豚肉・レバー・うなぎ・かつお・いわし・ナッツ類・玄米・大豆・納豆」などの食べ物に比較的多く含まれていますので、過剰摂取に注意しつつ意識的に摂取してみると良いかもしれません。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | カルシウムに黒髪効果あり

次に意識するのは「カルシウム」ですかね。

カルシウムは毛髪を黒くする成分ともいわれ、色素細胞(メラノサイト)の働きを活性化させる効果があるようですが、こちらも残念ながら現代社会では不足しがちな成分として挙げられるでしょう。

カルシウムは絶えず失われていく成分で、ビタミンB群と同様にストレスや偏食で消費量が増加してしまう成分で、清涼飲料水や加工品などに含まれるリンの化合物(リン酸塩)がカルシウムと結合してしまい、カルシウムの吸収量が低下してしまいます。また塩分の摂りすぎもカルシウム排出の影響を受けてしまいますのでご注意ください。

カルシウムは「干しえび・ひじき・チーズ・ごま・のり・アーモンド」などに多く含まれています。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | 亜鉛で毛髪の材料を

次に意識するのは「亜鉛」ですかね。

亜鉛は毛髪の生成に欠かせない重要なミネラルのひとつで、ビタミンB群と同様にストレスや疲労、アルコール、偏食で亜鉛消費量が増加していきます。

亜鉛はたんぱく質を毛髪の主成分ケラチンの合成に必要な成分ですが、現在この亜鉛も供給と消費のバランスの崩れが目立つ成分のひとつとして挙げられます。

亜鉛は牡蠣(カキ)・ホタテ・レバー・チーズ・卵黄・うなぎ・納豆・ナッツ類・そば粉・干しエビ・のりなどに多く含まれています。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | ビタミンEで血行促進

次に意識するのは「ビタミンE」ですかね。

血行促進の代表格といわれる成分で、血管拡張作用があるので、栄養を体内のすみずみまで運びやすくなりますので、血行不良は白髪の予防対策の観点から頭皮環境の改善に欠かせません。

ビタミンEは「アーモンド・松の実・すじこ・うなぎ・サフラワー油・抹茶(粉)」などに多く含まれています。

予防対策に食べ物改善で白髪を減らすことは可能? | 食べ物について総括

結局のところ、よく耳にするような成分ばかりで目新しいものが見当たらないなぁ~とがっかりされた方がいらっしゃっるかもしれませんが、「白髪の予防対策はバランスのいい食事が重要」なのです。

当たり前の栄養やミネラルが意外と体内で有効に活用される前に無駄になってしまっていることに気づいて欲しいわけです。ここが非常に重要ですよ。

当然として白髪の原因は様々ですが、頭皮を豊かな環境にする上で毎日食べている食べ物が徐々に身体を蝕んでいき、頭皮のコンディションを崩している要因として挙げられるのです。

ちゃんと食べていても吸収が阻害されたり、吸収率が悪かったり、吸収しても他で大量に消費されてしまったり、、、有効に活用させるためにはなかなか骨が折れる話かもしれません。

大量消費を意識するポイント
  • ストレスを溜め込みすぎない → ストレス解消方法を模索しよう
  • 炭水化物、糖分の摂りすぎ → 炭水化物は重要ですが、摂りすぎに注意
  • 過度のアルコール摂取 → 過度な摂取の裏で白髪が進行しているのです
  • 偏食・過食 → うまく体内吸収できないか、別で消費されてしまう

食事を簡単に済ませるにしても頭のどこか片隅に重要な成分の大量消費について覚えておいて頂けると、少しずつの改善効果が見込めるかもしれません。

白髪の予防対策のポイントのひとつとして「バランスの良い食事」と「重要な成分の大量消費を防ぐ」の2本セットということなのではないでしょうか。

長文になりまして、最後までお付き合い頂きまして誠にありがとうございます。普段の生活にちょっとした知識が加わることで、少しの意識で変えられるモノってあると思います。白髪の予防対策とは こういったところからなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

白髪に悩む方々はこの世の中に数多くいらっしゃいます。
より多くの方々へ参考になる情報をこれからも用意して参りますので、「いいね」のチェックをよろしくお願いいたします。